花ちゃんの好奇心生活

いよいよ2015年。
glee ファイナルシーズンの始まりです!
今年もきっとダレン一色の一年になるはず。そして、すこし寂しいお別れの年。最後までgleeを満喫したいと思います!

まりねえの字幕が楽しい!

まりねえが、先日のクリス&アダムのトークに字幕をつけてくれました~~~。

詳細はこちら!


(しかし、なぜに貼り付け画像の字幕が、この言葉!!!)(笑)

まりねえの字幕のいいところは、クリスの性格や目指すところとか、なんか人となりをすごく理解してるところが、ちょっとした言葉選びに表れているところ。
今回はNY帰りで激多忙のなかでの字幕づけだったので、つけたあとは、しばらくお亡くなりになっておりました。(笑)もう復活してるはず~~~

まりねえ、ダレンのイタリアのトークにもぜひ字幕お願いします!!!
(ダレクラーになったでしょ~~~???

Darrewigの魅力

2月18日に発表されて、その日のうちに出発を決めたダレンの「Hedwig」鑑賞の旅。

本当にすごかった3日間(3日続けて観たんですよ!)でした。
あまりにすごすぎて記憶がぶっ飛んでいるところもあるので、断片的な状況を記録しておきたいと思います。
10年後に振り返って、にへらにへらするために(笑)。

■ベラスコ劇場
FullSizeRender

44丁目にあるベラスコ劇場。ホテルから歩いて10分ほどのところなのですが、ブロードウェイを横切らないといけないために、時間によっては人まみれになることも。
昼間にも何度か前を通ったのですが、列が並び始めるのは19時くらいからかな?一度人が並び始めると、あの「目」の看板前では写真が撮れないので、結局、あの場所で全員での記念撮影は実現しませんでした。


■劇場内
a4af284d-s (1)

座席ですが、私は発売とほぼ同時に購入したので、1日目と3日目は最前列のほぼ真ん中をGETできました。
いや、まじ近かった!!!  ヘドウィグの場合、役者が客席と絡む場面があるので、一度は前のほうで観劇すると、感激しますよ(オヤジ!!)!

■初日
初日は最前列、真ん中やや右寄り。私の隣には、スカイラーという眼鏡男子と、ディヴィットという連れの男の子2人組。始まる前に「楽しみだね~~、ダレンのヘドウィグ~~」とにこにこ会話していたんですが、前半いきなりスカイラーの座席にどーーーーーーんと、ダレンが降りてきて(私とスカイラーの間の手すりにダレンのブ、ブ、ブーツが!!)、彼にブッチューとキス&べろべろ攻撃! ひえええええええ
近い、近いよ!! てか、目からあふれてます、ダレンのべろ!!(コラ!!)
でも、『近くに来たら触るのよ!』という某ゆうこさんの声が頭の中をこだまし、こっそり、触りました、ダレンのブーツ。金ぴかブーツ 感触は……覚えてません

心臓バクバクのうちに初日が、終了! 初日から触ってしまいました、ダレンに!!!
で、観劇後はステージドアに並び、サインをもらいました~~~。
この日に、日本から持参したハート型の色紙を手渡しました~~~
image


■2日目
この日はステージに向かって左側の一番端っこ。
でも、前から2列目で、かなりステージには近い感じ!
しかも、隣の隣におっさんがいますよ! ここ、きそうですね、カーウォッシュ!!
と、思っていたら、参りました!!!!!!
なんと、2日連続で、ダレンがほぼ隣にやってきてくれました~~~!!
この日はちょっと落ち着いていたので、カーウォッシュされているおっさんの姿をじっくり堪能させていただきました~~。

■3日目
そして、最終日。
この日は一番いい席で、最前列のど真ん中!!!
で、私の3つ隣の席に赤い髪のドラッグクイーンのお兄さんが!!!!
は、は、派手!!!!
あああああ、絶対この人に来るね!と、思ったら的中しました(笑)。
この人、なんだか有名なドラッグクイーンなんですか? イギリス人でした。
私がツイッターにUPした写真をリツイしてくれましたので、思わずフォローしちゃいました(笑)。
名前はDixie(ディクシー)さんといいます。

そして、最後のステージドア。
この日は、本当に最後だと思って、思いきって、ダレンに話しかけましたよ~~~~!!
「Your Hedwig is best musical in my life」って簡単だけど、思い切って!!!
そしたら、あのブレインちっくな声で「Oh-」って言って、サンキューと返事をくれました。
ううううううう。この瞬間で5年は長生きできますです。

そんなこんなのHedwigツアー。
今度はゆっくり小物とか、劇場パーツなどをご紹介したいと思います。

Hedwig募金

ダレンのヘドウィグの最終日にLGBT団体へダレンの名前で寄付をしようというプロジェクト。
私も参加していたのですが、あらためて主催者からお礼のメールが届きました。
それが、以下。

With the list of everyone who donated sent to Darren and the funds raised safely in the hands of HMI, all good things must come to an end, but we wanted to say a little good bye and a few thank you’s.

Amanda and I started Darren’s Belasco Buy Out with the idea that we would raise a little bit of money for such a worthy cause. We had no idea how big it would become and just how many lives would be changed simply because of one guy, in one role on Broadway, with one hell of a fandom.

There hasn’t been one moment this entire time that we haven’t been blown away by the generosity of Darren’s fandom and we are so proud when everyone tells us they have never seen fans do something like this before.

But it wouldn’t have been possible without so many people, so here we go.

Firstly, to Windsor and Mary, the geniuses behind @atthebelasco for all your hilarious tweets, shares and being such a power-house behind the buy out!

To Chandler, Abby and the entire HMI team! Thank you for going with our weird idea, all the phone calls, the tour of HMI and letting us see just how we’re making a difference.

To Ricky and Eleni, for the signed Playbills, keeping it a secret from Darren all this time, and of course arranging for us get backstage with Darren to show him what his amazing fans have done.

and most importantly to YOU! THE FANS! It was your generosity, kind words, shares, reblogs, tweets, messages that made 12.5K happen and we wouldn’t be here without you!

Thank you so much and we’ll catch you on the midnight radio!


総額$12,546 (124円計算で155万円以上)もの募金が集まったそうです。
す、すごい!
ファン2人の活動が大きな成果に結びついたステキなエピソードですね。
しかし、あちらのファンさんの行動力はすごいな~~~~。

ダレンメッセージのダレンの気持ち(追記)

前回、よっしーが翻訳してくれた、ダレンのスピーチ。
よっしーから、追記の連絡がありました~。


Darrenのツイートによってjokeの部分がはっきりしました。
この日までずっと自分はTaye Diggsのヘドウィグの前座をやらせてもらってて、ブロードウェイの大ファンだった自分にとってこんな名誉はありませんでした、っていう意味だったみたいです。
position to open for Taye Diggs('s stage). ってことだったんですね。
Hedwig風に傲慢ジョークだと解釈していましたが、Darrenらしく謙虚さが滲みでてすごい納得したので、改めて修正させていただきます。


なるほど!!
ありがとうございます~~。

ダレンからのメッセージ

83回に及ぶ、ヘドウィグの舞台をつとめあげたダレンが、最終公演の後、
ステージドアからヘドウィグ号の上に飛び乗って、ファンに伝えたメッセージ。

お茶会仲間のよっしーが翻訳してくれました。(ありがとう、よっしー!!)
最後の言葉が胸に染みます。

you guys are very much a part of it with me and you’ve made it such an incredible experience.
  
~みんながこの場にいてくれなければ、こんな素敵な体験は起きないんだよ。~
IMG_7616

I’m going to do it this way and then you can catch it on Youtube, alright?
こうやってやればみんなYoutubeで見れるよね。(ありがとう、拝見しました!

So, here’s the deal, I wanted to say something onstage but it just didn’t seem appropriate at the time, so a couple of things.
じゃあ、よく聞いてね。ステージから一言言おうと思ってたけど、なんかちょっと違う気がしたから、ここで。

First of all, I never thought I’d be given the opportunity or be in the position to open for Taye Diggs, so that’s really exciting. I get to do that (that was a joke).
えっと、まずは、まさかこの僕が降板して、そしてその後釜がテイ・ディグスだなんて、こんな仕打ちがあるなんて思ってなかったよ。どうなるか見ものだね。仕方ないからやるけどね。(ブロードウェイの大先輩テイ・ディグスに対する敬意を込めて、ひがんだつもりで傲慢ジョーク)

So um, what is there to say? There’s a couple of thank yous I was going to give, but I’m going to give them in person to friends at this next party.
それから、なんだっけ。お礼を伝えようと思ってる人は居るんだけど、それはこの後のパーティーで直接伝えることにします。

But first of all, guys, it’s our good friend Bobby Devlin’s last night. Bobby has been with every Hedwig and he’s worked his ass off to keep you guys safe and keep everyone happy.
で、一つ目。今日は大事な仲間のボビー・デルヴィンの最後の勤務日です。ボビーはヘドウィグが始まって以来、全部の公演毎にみんなの安全とハッピーを守るために尽くしてくれました。

Number two, the American theater has a lot of amazing things, we have this very rich history of really kickass theaters and shows and characters and John Cameron Mitchell has given us one of the greatest, like the greatest character to add to the American lexicon of great theater, and I feel so incredibly proud to have been part of that narrative.
二つ目。アメリカの劇場は、とにかく極上です。劇場、ショー、作品それぞれが最高で、それぞれが重厚な歴史を積み重ねていて、ジョン・キャメロン・ミッチェルが今回僕たちに与えてくれたのは、そのうちの本当に素晴らしい一つ、もう、劇場専門用語辞典に最重要項目として入るくらいに評価された作品で、僕はその素晴らしい作品の一端を担えたことを、最高に誇らしく思っています。

Like a lot of you guys, I was a huge fan for a long time so I know what it’s like to be a fan and to wait out here at stage doors and to come back and come back get that picture and get that autograph - I know what it’s like to be really moved by something.
みんなと一緒、僕自身もずっとブロードウェイの大ファンだったから、こうやって出待ちするとき、何度も見に来て写真撮るとき、サインもらうときの気持ち、心から感動する感じ、すごくよくわかります。

So, I wanted to thank you guys for waiting out here in this crazy heat and the ticket prices and all that crazy shit, it all means being part of something that is greater than ourselves so I share that very much with you guys and I thank you for the bottomest parts of my heart for waiting all this time and being part of this.
だから本当に、みなさんありがとう。こんなバカみたいに暑い中待っててくれたことも、恐ろしく高いチケット買って来てくれたことも。こういうことが結局ショーというものを素晴らしくしてくれる一つの要素で、こうやってみんなで分かち合うことができています。長いこと待っててくれて、一つのページを作ってくれて、心の底の底から感謝しています。

This isn’t just my show, it’s all of our show, and you guys are very much a part of it with me and you’ve made it such an incredible experience. I know a lot of guys are involved in theater and stuff - it’s been such a privilege to be able to share that magic that I got from the show and recycle it back to you guys. I think that’s very appropriate.
これは僕のショーというより、みんなと僕が作っているショーです。みんながこの場にいてくれなければ、こんな素敵な体験は起きないんだよ。
本当にたくさんの人たちが、劇場といろんな仕事に携わってくれています。そのおかげでショーという魔法が生まれ、自分がそこからもらった力をみんなに循環させることができるのは、本当に役得だったと思ってます。もう文句なしに最高でした。

So having said that, I hope to look forward to seeing any of you guys, whether it be here, somewhere in some small theater whether it’s backstage or onstage, I look forward to seeing you guys taking this on in your own way, doing it, putting on some heels, and kicking ass. So, I wish you all the best and I’ll catch you guys on the midnight radio.
そんなわけで、またみんなと会えるのを楽しみにしています。ここかもしれない、どっかの小さな劇場かもしれないし、舞台裏かも舞台上かもしれないけど。
みんなの心の中でこのショーを消化して、自分らしく生きて行ってくれたらいいな。そんなみなさんと会えるのを楽しみにしています。これからも元気で頑張って、ミッドナイトラジオで会いましょう!

image


※ダレン最後のメッセージ部分の「ミッドナイトラジオ」について、よっしーから追加のコメントをもらいました。

「探し求めていた片割れなど存在せず、自分は1人で完全なのだと気づいたヘドウィグが、全てのへんてこロックンローラーへ贈る舞台最後の曲がミッドナイトラジオ。「いま君はキラキラ輝いて、夜空の星のよう」というサビの節を、集まってくれたみんなに託し、キラキラ輝いていてくれたら、僕がミッドナイトラジオで拾えるよ、というメッセージを込めているのだと理解しました」

よっしー、本当にありがとう

追伸)
ボビーとは、ダレンのヘドウィグ期間中にずっと寄り添っていたボディガード兼運転手。青髭が印象的で、ちょっとファンになった私(笑)!
↓この人💕
image

ファンからダレンへの贈り物

Darren's Belasco Buy Outと名づけられたファンのドネイションが行われ、私も参加しました。
ニニコさん情報でぎりぎり参加できたのですが、これ、ファンがダレンへの感謝を込めて、
ダレンの名前でLGBTの団体へ寄付をして、ヘドウィグ最終日のべラスコ劇場に名簿を届けましょう、というもの。

すごいことを考える人がいるな~と思って参加してみたら、とっても気軽に募金できるんですね。
こんなシステムもすごいし、それをうまく活用し、いろんなアイデアを出しているあちらのファンさんに感服しました。

私は気持ちだけ10ドルを募金したんですが、その時点でもう11,400ドルというから、日本円にして140万円以上の募金が集まったことになります。すげ~~~~~~

教えてくれたニニコさん、ありがとう。
またこんな活動があったら、皆さんも教えてくださいね~~。
IMG_7658


こんなお礼のメールも来ました!
0722源じいの森に保存されるョ9000

お疲れ様でした!!

全83公演に及んだヘドウィグもアメリカ時間19日の夕方には、無事終了! 休むことなくヘドウィグを演じ続けたダレン、本当にお疲れ様でした!!!
image

最後のステージドアは、物凄い人だかりになってサインどころではなかったようですが、恒例のスピーチが!
こんな様子でした!
image

青髭ボビーへのお礼で始まり、ホントに素晴らしいスピーチでした💕
いや、この人のスピーチの上手さを見てると、将来はやっぱり政治家じゃないか?と、思ってしまいます(笑)。

最後には、ファンとの自撮りも!これ、そのうちあげてくれるのよね?ダレン!
image

そして、明日にはイタリアへ旅立つダレン!
恐るべしバイタリティー!!

スピーチは、こちらから!

いよいよ千秋楽!

今年2月に発表されて、私らを狂乱の嵐に巻き込んだダレンのヘドウィグ。
19日アメリカでのマチネ公演でいよいよフィナーレを迎えます。

チケットもソールドアウト状態の週末みたい!
image


最後の席のチケットをダレンが誰か交換してくれない?ってTweetしてましたが、ここに誰かを招待したいんでしょうか??
誰を???\(//∇//)\

なにはともあれ、無事に千秋楽を終えられることを海を超えて祈っています。

クリスの人柄に感動!

NYに到着したのは、7月7日。
そう、七夕の日です!!
ま、NYでは何のイベントもあってませんでしたが(笑)。

いえいえ、この日はクリス・コルファーファンの皆さんにとっては、クリスに会えるまたとない日!まさに盆と正月と七夕が一気に来た感ある1日でした!

まりねえは、去年、クリスの本の発売が決まったときからすでにNYのホテルを押さえておられ、今回私たちはダレンのヘドウィグに合わせ、それならクリスのお顔も一生に一度は拝んでおきたい!と、この日に日本を出発することに!

会場は、ココ!
マンハッタンでも一番の書店です!image
まりねえたちは朝から並んでリーディングイベントに参加出来る位置に並んでおられました。
我々が付いたときはすでに150人以上が並んでいて、こりゃサインもらえるのか???(^◇^;)と、かなり心配に。
でも、その後もどんどん列が長くなり、最後にはどのくらいになったんでしょ???500人近かったのかな???
で、我々はリーディングイベントの後のサイン会には参加できました!
私は日本から持参したうまい棒をプレゼントしてきました(^◇^;)こんなしがないプレゼントにも、ホントににっこり「ありがとう」って言ってくれるクリスに頭が下がりました。ほんと。いい人でした。

特に子どもたちと話すときは天使のような笑顔うかべるんですねーーー。いい人だぁぁ。image
まりねえがダレンのこと好きになって帰国した以上に、クリスの人間性に敬服してきた私らなのでした!

いや、ほんとに湖みたいな綺麗な水色の瞳でしたー!!(≧∇≦)
image

今度は映画!

日曜にヘドウィグの最終日を迎えるダレン。
エミー賞ノミネートの朗報の後に今度は映画撮影情報も上がってきました!

タイトルは、Smitten!。
なんと来週からイタリアやチロル地方で撮影スタートとか!!!((((;゚Д゚)))))))
休まなくていいんですかね、この方!!!!

ちょっと心配。でも、すでにお茶会仲間の心はイタリアへ。飛んで行きたいよーーー!!
てか、この間イタリアに行ったばかり。(;_;)
ううーーん、悔しい。image
エミー賞にも期待なのです!!!(≧∇≦)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • まりねえの字幕が楽しい!
  • Darrewigの魅力
  • Darrewigの魅力
  • Darrewigの魅力
  • ダレンからのメッセージ
  • ダレンからのメッセージ
  • ダレンからのメッセージ
  • ファンからダレンへの贈り物
  • ファンからダレンへの贈り物
  • お疲れ様でした!!
  • お疲れ様でした!!
  • お疲れ様でした!!
  • お疲れ様でした!!
  • いよいよ千秋楽!
  • クリスの人柄に感動!
  • クリスの人柄に感動!
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
livedoor 天気